トップ / 賃貸物件の費用について

賃貸物件の費用について

賃貸の費用面の魅力

賃貸物件での生活について

賃貸物件は毎月の家賃と数年置きの更新料を支払うことで住み続けることが可能です。住宅購入と異なり、生活を続けることで支払った家賃などの住宅費用は返ってくることはありませんので、資産として残すことはできませんが、住宅の修復費用や固定資産税などの税金を支払う必要もないため、ランニングコストを考慮すると、住宅購入費用よりもトータルでは安くなるケースが多いのが現状であり、賃貸を選択をされる方も増えている傾向にあります。

工務店,コンクリート

賃貸物件の初期費用について

賃貸物件では契約時にかかる費用として家賃の半年程度の金額が必要とも言われています。家賃1か月分に日割り分に加えて、敷金を2ヶ月から3か月分、礼金と仲介手数料を1か月分が通常はかかると言われています。さらに保険に加入なども掛かります。最近では賃貸物件によっては敷金や礼金、仲介手数料を無料から半月分等とするケースも多く初期費用を抑えて入居できる物件もあります。その場合の多くは空室対策として少しでも空室の期間を減らしたいという事が目的な所もあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 工務店が考慮するべき事. All rights reserved.