トップ

工務店が考慮するべき事

工務店とバルコニー

工務店がバルコニーにできること

工務店に依頼をする内容として思いつくのが、「部屋の間仕切りを取ってリビングを広く使う」や、「庭から玄関までのアプローチを変更する」などですが、今人気なのが、マンションのバルコニーをウッドデッキにする依頼です。マンションだからウッドデッキをあきらめている人は多いかと思いますが、マンションでも部屋から段差のないデッキを設置することも可能です。工務店に一度相談してみると良いでしょう。バルコニーをウッドデッキにすることによって、部屋が広く感じたり、子供やペットの遊び場になったりと、有効スペースが増えます。

工務店,コンクリート

バルコニーに必要な傾斜

建物のバルコニーは広さがあり、きちんとした勾配が取られていないと雨や雪などが降って水が溜まったときに、いつまでも排水されずに水溜りが残ってしまう状態になります。そうすると水垢がついたり雑菌やカビの繁殖、夏場だと蚊が発生することもあるため、工務店が正しく勾配を取ってくれているか確認をするべきです。最近では現場で一から作らずに傾斜角度のついたバルコニーユニットを作っておいてそれを設置し、その上にタイルや床材を接着させる工法を行っている工務店も出てきていますから、必要な傾斜になっていない時にはやり直しを依頼するべきです。

↑PAGE TOP

© Copyright 工務店が考慮するべき事. All rights reserved.